トイプードルは色の種類でも性格が違う!?

こんにちわぁ!ゆーたんです(^ω^)ノ

今回は【トイプードルは色の種類でも性格が違う!?】というテーマでお話していきますね。

トイプードル

トイプードルといえば、種類が結構ありますよね。

私の知っている限りでは6つの種類があります。

・スタンダードプードル

・ミディアムプードル

・ミニチュアプードル

・トイプードル

・タイニープードル

・ティーカッププードル

スポンサーリンク

と6つの種類がありますよね。

それぞれ特徴があり違いがありますよね。

中でも、スタンダードプードルの性格は、6種類のプードルの中でも一番明るく穏やかで、

落ち着きのある性格です。

 

また、プードルの中でも一番頭が良く、理解力に優れていて、

しっかりしつけると、気品あふれる犬になります。 

 

ただ、体が大きい分運動させるには広いドッグランや1~2時間ほどの散歩が必要ということで、

時間に余裕がある方でないと大変かもしれませんね。

ということで、今回のテーマは【トイプードルは色の種類で性格が違う!?】ということなので、

トイプードルは色の種類、そして性格なんかについてお話していきたいと思います。

 

トイプードルの色の種類と性格

それでは、トイプードルの色の種類とその色の特徴や性格についてご紹介していきますね。

今回は、基本的な色で知られている、【ブラック】・【ブラウン】・【ホワイト】をご紹介しますね。

■ブラック

マッドな雰囲気で光沢のないブラックから、高貴な感じの光沢あるブラックまで色々です。

一言に【ブラック】と言っても種類はさまざまです。

毛の質は硬くて丈夫で毛の量も多いです。

また、完全な真っ黒なブラックは珍しくとても少ないため意外と見ることはありませんね。

・ブラックの性格について

ブラックの性格は安定していて、頭が良くて、飼い主への忠誠心が高いことが特徴とされています。

そして、運動能力も優れていてしつけなどがしやすい色と言われています。

初めて犬を飼うという方には向いていると言えますね。

スポンサーリンク

■ブラウン

ブラウンはトイプードルの中で一番人気のある色と言われています。

基本的には暗めのブラウンから、キャラメルのように明るいブラウンからさまざまです。

 

ブラウンの性格について

ブラウンの場合は、独立心が強くて、協調性に欠けるところもあるとのことです。

そのためしつけや訓練は他の色よりも頑張る必要があります。

しかし、一度覚えたことは忠実にこなすため、一度しっかりとしつけてしまえば、

飼いやすいとも言えます。

また、甘えん坊な一面もあるため、飼い主さんからしたら可愛くてたまらないですね(笑)

 

ホワイト

ホワイトもブラウンに続いて人気のある色と言われています。

また、ホワイトにも微妙な違いがあり、クリーム色っぽいホワイトであったり、

アプリコットっぽいホワイトもあります。

ホワイトはブラックに比べ、毛質が違い、毛量も少し少ないと言われています。

 

ホワイトの性格について

ホワイトはブラックと似ている部分が多い性格です。

性格は安定していて、社交的な面もあるため他の犬とも友好的に付き合っていけます。

人間で言うO型的な感じですかね(笑)

そして、比較的甘えん坊で可愛い部分もたくさんあります。

運動に関してもブラック程ではありませんが、活発な面ももっています。

 

おわりに

今回は【トイプードルは色の種類でも性格が違う!?】というテーマでお話してきましたが、

参考になりましたでしょうか?今回の話で色で性格が違うなんて本当!?

と思われるかもしれませんが、そういうデータがあるとのことなので本当なのでしょうね。

 

なにより楽しいドッグライフを過ごしましょうね。

 

今回も最後までご閲覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

Posted by ゆーたん


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.