山崎賢人と広瀬アリスが共演!?映画「氷菓」の内容は!?

こんにちわぁ!ゆーたんです(^ω^)ノ

今回は【山崎賢人と広瀬アリスが共演!?映画「氷菓」の内容は!?】というテーマでお話させていただきす。

山崎賢人と広瀬アリス

山崎賢人さんといえば、2017年夏に公開される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』で注目を集めていますよね。

そんな山崎賢人さんがスペインで目撃された!などの情報が相次ぎまして、当ブログでも山﨑賢人がスペインで目撃された!?というテーマで書かせていただきました。今も映画の撮影で忙しい山崎賢人さんですが、次は映画「氷菓」の撮影も控えているので、かなり多忙なご様子ですね・・。

そして今回は、広瀬アリスさんとの共演で話題を集めていますね。

そもそも、山崎賢人さんと広瀬アリスさんは今までで2回共演していて、今回の映画【氷菓】で3回目の共演とのことですが、

以前はどのようなドラマ・映画で共演していたのでしょうか?

こちらについても気になる方は多いと思いますのでご紹介しますね。

まずは、山崎賢人さんと広瀬アリスさんが共演する映画「氷菓」とは、どのようなないようなのでしょうか。

スポンサーリンク

山崎賢人と広瀬アリスが共演する映画「氷菓」の内容は?

それでは、山崎賢人さんと広瀬アリスさんが共演する映画「氷菓」の内容からお話させていただきますね。

そもそも、この【氷菓】の原作は小説で出版されました。

そして、漫画・アニメと人気を集めました。

なので今回の映画はアニメの実写化という感じになるようです。

それでは、気になる物語の内容についてですが、あまり言ってしまうとネタバレになってしまいますので、あらすじをお話しておきますね。

ただ、映画とアニメでは少し内容も変わるのかもしれませんが、アニメや小説のあらすじはこんな感じなんだ!ぐらいに思っておいてくださいね。

 

氷菓のあらすじ

何事にも積極的に関わろうとしない「省エネ主義」を信条とする神山高校1年生の折木奉太郎は、姉・供恵からの勧めで古典部に入部する。しかし、古典部には同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。彼女の強烈な好奇心を発端として、奉太郎は日常の中に潜む様々な謎を解き明かしていく。やがて奉太郎とは腐れ縁の福部里志と伊原摩耶花も古典部の一員となり、活動目的が不明なまま古典部は復活する。

ある日、奉太郎はえるから助けを求められる。それは、彼女が元古典部部長の伯父から幼少期に聞かされた、古典部に関わる話を思い出したいというものだった。古典部の文集「氷菓」がその手掛かりだと知った奉太郎は、仲間たちと共に、「氷菓」に秘められた33年前の真実に挑むことになる。

氷菓(小説)-Wikipediaより一部引用

というあらすじになっています。

実際の映画とは少しことなると思いますが、ほぼ同じと考えて良いと思います。

それでは、山崎賢人さんと広瀬アリスさんはどのような役を演じるのでしょうか?

 

山崎賢人と広瀬アリスが演じる役とは!?

折木 奉太郎

 

ということで、まずは山崎賢人さんの役からご紹介していきましょう。

山崎賢人さんが演じるのは、省エネ主義のクールな高校一年生【折木奉太郎】になります。

この【折木奉太郎】はこの映画『氷菓』の主役になるわけなんですね。

そんな【折木奉太郎】とはどのような役なのかと言いますと、神山高校の1年B組で古典部に所属。

省エネを生活のスタンスとしていて、『やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に』とモットーを述べている役。

そして、今回山崎賢人さんはこの映画『氷菓』に関して以下のようなコメントをしています。

山崎賢人のコメント

とても素敵な作品なので参加できて嬉しいです。この物語自体ミステリー要素もあり、それ以上の要素も楽しめるお話でした。その中で折木という役は「無駄な事が嫌いな省エネ主義者」という人物なので感情や動きに無駄が無いように気をつけました。そして以前作品でお世話になった安里監督やキャスト達と力を合わせて、とても素敵な作品になったと思います。ほろ苦い青春ミステリーを是非楽しんでいただけたら嬉しいです。
Yahooニュースより一部引用

ということで山崎賢人さんも感情や動きに無駄が無いように気をつけたりと役に入り込めそうな感じですね。

映画の撮影の連続で多忙な山崎賢人さんですが、無理のない程度に頑張ってほしいところですね。

それでは、次に広瀬アリスさんが演じる役はどのような役なのでしょうか。

スポンサーリンク

広瀬アリスが演じる役はこれだ!

千反田 える

広瀬アリスさんが演じるのは、神山高校1年A組の古典部所属する【千反田 える】という役になります。

【千反田 える】は、豪農で知られる千反田家の令嬢でありながら、『私、気になります』の一言と共に清楚な外見とは裏腹な好奇心を発揮し、奉太郎を謎に引き込んでいくというキャラですね。古典部には失踪した伯父が絡む「一身上の都合」で入部をすることになる。

この映画『氷菓』では【折木奉太郎】と共に中心的人物なので【千反田 える】も主役といったところでしょうかね。

それでは、広瀬アリスさんもこの映画『氷菓』に関して以下のようなコメントをしています。

広瀬アリスのコメント

氷菓はアニメや漫画で有名な作品で聞いたことはありました。オファーをいただいた際は素直に嬉しかったです。久々の制服ということにも少しテンションがあがりました。どんな作品になるんだろうと撮影を凄く楽しみにしていました。原作は客観的に読んで面白かったです。簡単な謎解きではなくもっと複雑で読む手が止まらなかったです。それぞれ登場人物たちも色がしっかりあって、面白いなと思いました。役作りはとにかくリハなどで掴んで行ったという感じです。アニメや漫画のイメージが大きくなってしまいがちですがあくまで今回は小説の実写化なのでクランクインする前に何度も何度もリハを重ねて、監督とも「千反田える」いう女の子について話し合いました。山崎賢人くんとは3回目の共演なのでいい意味で緊張せず、お互いを高めあいながらお芝居出来たと思います。(完成した作品を見て)落ち着いた空間の中に古典部のゆったりとした時間が流れていた気がしました。とにかく映像が綺麗で、原作の空気感がより一層出せたんじゃないかなと思いました。飛騨高山にも行かせていただいて実際に描かれている場所だからこそ出せる雰囲気もしっかりとありました。学園もの=恋愛が多いですが今回の氷菓という作品は学園ミステリーということでまた新しい形の青春が味わえると思います。原作ファンの方にも是非見て頂きたいと思っています。全く違ったカラーをもったそれぞれの登場人物の噛み合ってるようで噛み合ってないやりとりにも是非注目して頂きたいです。

Yahooニュースより一部引用

ということで、監督とも「千反田える」いう女の子について話し合うくらい本気の広瀬アリスさんですので、頑張って応援してあげましょう!

さて、そんな広瀬アリスさんのコメント『山崎賢人くんとは3回目の共演なので』という部分で『えっ!?3回目の共演!?他にも共演してたの?』

と気になっている方も多いと思いまして調べてみましたのでお話しますね。

 

山崎賢人と広瀬アリスの共演作とは!?

ということで、『山崎賢人と広瀬アリスの共演作とは!?』ということなのですが、

3回目ということは今回の映画『氷菓』を含めてのカウントになりますので、他で2回共演ということになりますよね。

そこで、色々と調べてみたのですが残念ながら1つが分かりませんでした・・。お伝えできず申し訳ありません・・。

もしかしたら一つはバラエティーとかなのかもしれませんね(苦笑)

ただ、一つは分かったのでご紹介しますね。

 

山崎賢人と広瀬アリスの共演作の1つとは!?

それでは、山崎賢人と広瀬アリスの共演作の1つをご紹介しますね。

それはドラマ『35歳の高校生』でした。

広瀬アリスさんは【長谷川 里奈】という生徒役を演じていました。

そして山崎賢人さんは、【阿久津 涼】という生徒役を演じていました。

詳しい内容などに関しましては【35歳の高校生-Wikipedia】を見てみてくださいね。

 

おわりに

今回は【山崎賢人と広瀬アリスが共演!?映画「氷菓」の内容は!?】というテーマでお話させていただきましたが参考になりましたでしょうか?

また、映画『氷菓』は2017年公開としか発表されていないため正確な日程は分かりませんが、映画公開が楽しみですね。

今回も最後までご閲覧いただきましてありがとうございました。

ー山崎賢人の関連記事ー

山﨑賢人 スペインから帰国してた!気になる詳細は!?

山﨑賢人 スペインからの帰国はいつ!?

山﨑賢人がスペインで目撃された!?

スポンサーリンク

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.