宮崎あおい! 映画『怒り』で 発達障害者の役に挑戦!

こんにちわぁ!ゆーたんです(´∀`)ノ

今回は【宮崎あおい! 映画『怒り』で 発達障害者の役に挑戦!】というテーマでお話していきますね。

宮崎あおい

映画『怒り』のあらすじは?


『怒り』の監督を務めるのは、『許されざる者』『フラガール』などを手掛けた李相日。2010年の『悪人』に続き2度目となる吉田修一とのタッグに加えて、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛など、日本映画界を代表するオールスターキャストが結集しています。

「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄の3つの舞台で描かれる群像劇となっています。

スポンサーリンク

あらすじ

ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後。犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、整形手術をして逃亡を続けています。

疑わしいとされるのは3人の男。千葉県・房総の田代哲也、沖縄の離島にいる田中信吾、東京都内の大西直人。

それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇です。


 

宮崎あおいが演じる役とは!?

宮崎あおい怒り

 

宮崎あおいさん演じるのは、渡辺謙さんが演じる[槙洋平]の娘役の[槙愛子]になります。

家出から連れ戻される洋平の娘・愛子。年齢の近い田代哲也と付き合い始めます。本作で渡辺謙と親子を演じることが話題になりました。

スポンサーリンク

宮崎あおいさんが演じる[槙愛子]には少し発達障害があった。

明るいのですが、とろいところがある役を演じています。

今回の映画『怒り』で宮崎あおいさんは発達障害のある役を演じるは大変だったでしょうけど、

映画を見る限りでは乗り越えて役を演じているように見えました。

 


おわりに

今回は、[宮崎あおい! 映画『怒り』で 発達障害者の役に挑戦!]というテーマでご紹介させていただきましたが、

一部ネタバレになってしまう部分もあったかもしれませんが、お許しください・・。

なんにしても、今回の宮崎あおいさんが演じる[槙愛子]をどのように演じているのか?

 

これだけでも、映画『怒り』をみる価値は十分にありますので、まだ見ていない方はぜひ気にしながら見ていただければと思います。

また他のキャストの方の演技もかなりみどころです。

この『怒り』という作品は豪華キャストですので、演技力・個性共に完成度が高い作品だと思います。

 

正直最近の作品にはこれほど豪華キャストを使っている作品はあまりないので、臨場感あふれる演技を楽しめると思います。

最後までご閲覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.